奥日光で最初の紅葉!色鮮やかに滝を包み込む「竜頭の滝」

栃木県日光市にある「竜頭の滝(りゅうずのたき)」。

首都圏からアクセスが良く、被写体に恵まれている奥日光で紅葉の訪れが最も早い場所として知られています。

紅葉の見頃は、例年10月下旬頃~

「竜頭の滝」とは

紅葉の撮影スポットである「竜頭の滝」の特徴は、何といっても迫力のある滝。

210mにわたって山の岩肌を流れ落ち、滝つぼ近くの大きな岩によって二分されます。

その様子が竜の頭に似ていることから「竜頭」という名になったとのことです。

勢いよく流れ落ちる滝を包み込むように広がる赤や黄色に色づいた木々。

そのコラボレーションは圧巻の景色です。

「竜頭の滝」撮影スポット

観瀑台

「竜頭の滝」入り口から案内に従って進むと観瀑台に到着します。

滝の真正面に位置するその場所からの景色は大迫力!

大きな日本庭園のような風情を感じる景観を写真に収めることができます。

竜頭の橋

遊歩道を少し上流側に歩いた場所にある竜頭の橋。

橋から中禅寺湖側を見ると、上流の両側で色づいた、中禅寺湖まで続く色彩豊かな紅葉を楽しむことができます。

観瀑台よりさらに迫力のある滝と美しい紅葉を撮影できるおすすめのスポットです。

寄り道♪周辺の撮影スポット

中禅寺湖

標高1269mにある中禅寺湖は、自然湖としては日本で最も高い場所に位置しています。

中禅寺湖の周囲には、カエデやブナ、ウルシなどがあり、湖面によく映える赤や黄色の葉がとても美しいです。

遊覧船から紅葉を楽しみ、ゆっくり撮影するのもおすすめですよ!

紅葉の見頃は10月中旬頃~

日光いろは坂

日光の名所として知られる「日光いろは坂」は、日光市街と中禅寺湖、奥日光を結ぶ全長山岳道路で、「日本の道100選」にも選ばれています。

頂上と麓では標高差があるので、山肌の色合いが微妙に異なるのが特徴です。

紅葉の見頃は10月中旬頃~

Twitterで見る「竜頭の滝」情報

まとめ

豪快な滝とともに紅葉を楽しむことができる「竜頭の滝」。

見頃は気温などによって変動するのでなかなかタイミングよく行けないことも・・・。

しかし「竜頭の滝」の場合、壮大に流れる滝だけでも十分満足感が得られますよ!

周辺の撮影スポットも合わせて、10月は奥日光の紅葉を撮影しに行ってみてはいかがでしょうか♪

スポット名 日光「竜頭の滝」
例年の色づき始め 9月下旬
例年の紅葉見頃 10月上旬
紅葉する木の種類 カエデ、ツツジ、ナナカマド
住所 栃木県日光市中宮祠

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です