10月は真っ赤でモコモコな「コキア」を撮影しに行こう!

まんまるでモコモコした姿が可愛らしい「コキア」。

夏の鮮やかな緑の時はまるで“マリモ”のような愛らしさが・・・。

そんなコキアは秋になると真っ赤に紅葉して色鮮やかな絶景を見せてくれます。

今回は、秋だからこそ撮れるコキアのおすすめスポットをピックアップしました!

コキアの紅葉は10月中旬頃から

和名を「ホウキグサ」というコキアは、7月上旬から夏の日差しを浴びて丸々と成長していきます。

9月下旬~10月上旬頃にかけて、ライトグリーンだった色が少しずつ赤く紅葉し始め、10月中旬頃には真っ赤に色づきます。

地域やコキアの株ごとに紅葉の進み具合は違うので、緑色、赤色、淡い色・・・といった様々な姿を見せてくれるのも嬉しいですね♪

コキアを楽しめるおすすめ撮影スポット

国営ひたち海浜公園(茨城県)

コキアといえば「ひたち海浜公園」にある、みはらしの丘が有名です。

約3万本ものコキアが真っ赤に丘を染め上げます。

また、丘のふもとには約200万本のコスモスが!

秋の草花の競演を写真に収めることができます。

大石公園(山梨県)

河口湖北岸の大石地区にある大石公園は、湖と富士山の両方を一度に眺めることができるスポットです。

また、「逆さ富士」の隠れた名所とも言われています。

コキアと富士山をコラボさせた風景写真を撮ってみるのもいいですね!

国営みちのく杜の湖畔公園(宮城県)

釜房ダムの湖畔に位置する、豊かな緑と水に恵まれた東北唯一の公園です。

東京ドーム約16個分といわれる広さを持つ敷地で見られるコキアは圧倒的!

10月の三連休には「コキアカリ」というライトアップイベントも開催されています。

日中とは違った幻想的な景色が楽しめますよ。

海の中道海浜公園(福岡県)

緑の樹林・碧い海・輝く太陽がテーマのシーサイドパーク。

美しい草花で彩られた園内にある「虹の池」と「彩の池」周辺では、コキアが可愛らしく植えられています。

540haの敷地の中には動物園や遊園地もあるので、コキア以外を被写体にした写真を撮影できるのも嬉しいポイントです。

まとめ

コキアは時期や時間、株の大きさによって色合いも形も様々です。

真っ赤に色づいている時期と多少ずれたとしても、移ろう季節のグラデーションを楽しむことができますよ!

秋の休日はモコモコした癒しの絶景を撮影しに行ってみてはいかがでしょうか♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です