10月から咲き始める桜。「冬桜」と紅葉を一緒に撮影できる名所

桜といえば春の花のイメージが強いですが、秋から咲き始める「冬桜」もまた違った美しさがあります。

冬桜と紅葉が一度に揃う不思議な光景は、とても贅沢な絶景です。

そんな絶景を撮影できる貴重な名所を今回はご紹介します。

冬桜ってどんな花?

「冬桜」は秋と春の2回咲くことから「四季桜」と呼ばれることもあります。

花は白から淡いピンクの小さな花びらで、葉っぱも小さいのが特徴です。

花言葉は「冷静」。

派手に咲き誇るわけではなく、可憐で儚げに色づく様子はとても風情があります。

冬桜を撮影できる名所

城峯公園(じょうみねこうえん・埼玉県)

城峯公園は冬桜の名所と呼ばれています。

八重桜のため濃いピンク色の花は少し大きく見え、アップで撮影しても非常にキレイに映るのが特徴です。

紅葉は、もみじに加えて遊歩道沿いにはつつじも綺麗に色づいており、公園全体が豪華な雰囲気になっています。

おすすめの撮影スポットは高台にある展望台。

天気のいい日には青空と山の緑に囲まれ、紅葉の赤と桜のピンクが際立った美しい写真が撮れますよ!

見頃:例年10月下旬~12月上旬

桜山公園(群馬県)

園内には約7000本の冬桜が植えられており、その珍しさから国の名勝・天然記念物にも指定されています。

この撮影スポットの特徴は日本庭園の周辺の紅葉と冬桜のコラボレーション。

淡い色の冬桜と真っ赤な紅葉の競演はとても鮮やかに映えます。

10月下旬からは夜のライトアップが行われるので、日中とは違った美しさを撮影するのにおすすめです。

見頃:例年11月中旬~12月上旬

まとめ

今回は冬桜と紅葉を一緒に見ることができる貴重な名所をご紹介しました。

紅葉の鮮やかな紅の中にほんのり淡いピンク色の桜。

春とは違う桜の景色を撮影してみるのもいいですね。

天候や気温によって見頃の時期が変動しますので、撮影に向かう際は最新情報を確認してからにしましょう。

気になる方はぜひ、冬桜と紅葉の贅沢なコラボレーションを撮りに行ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です