色鮮やかな紅葉越しの富士山が美しい「河口湖」の紅葉撮影スポット

山梨県にある河口湖は、美しい紅葉を楽しめる秋の人気スポットです。

標高830mの高さにあるため都心よりも早めに秋の訪れを迎え、10月末頃から木々が色づき始めます。

今回は、紅葉越しの富士山を楽しむことができる河口湖のおすすめ撮影スポットについてまとめました!

河口湖の紅葉2大スポット

河口湖には紅葉で有名な2大スポットがあります。

撮影に行ったら必ずこの2か所は押さえておきたいですね。

まずはこの代表的なスポットそれぞれの魅力についてご紹介します。

「もみじ回廊」

毎年開催されている富士河口湖紅葉まつりのメインとなる場所です。

梨川の両側には60本ほどの巨大もみじが連なっていて、秋になると鮮やかに色づきます。

少し散り始めた頃になると回廊には真っ赤な“もみじの絨毯”が!

特におすすめの撮影時間帯は、やはりライトアップされる日没以降ですね。

ライトに照らされたもみじ回廊は幻想的で圧巻の美しさ。

今年のライトアップ開催期間は11月1日~11月23日までとなっているので、その期間を狙ってぜひ撮影に行ってみてはいかがでしょうか♪

「もみじトンネル」

駅で見かける観光ポスターやガイドブックで使われているのが「もみじトンネル」の写真です。

紅葉越しに富士山が見える様子は、まさに日本の絶景!

この美しい構図を求めて、全国各地から多くの観光客が訪れます。

道路に沿ったもみじが紅葉の見頃を迎えるのは、11月の中旬頃。

ピークシーズンの週末は人と車で大混雑しますので、撮影する際は周囲に十分気を付けましょう。

河口湖周辺のおすすめ撮影スポット

紅葉2大スポット以外にも、河口湖周辺には素敵な撮影スポットがあります。

河口湖を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

妙法寺

妙法寺は六角堂にも由来する場所で、境内には富士河口湖町指定有形文化財が3つあります。

もみじや銀杏などが徐々に色づき始めた頃が一番の見頃で、写真は曇っていますが晴れた日には見事な木々のコントラストを撮影することができます。

妙法寺の山門前からも富士山が見えますので、日本ならではの美しい景色を堪能できるおすすめスポットです。

大石公園

大石公園は河口湖北岸にある撮影スポットです。

ここでは、もみじではなく真っ赤に色づいたコキアを楽しむことができます。

コキアの見頃は河口湖の紅葉より少し早い10月中旬頃~11月中旬頃。

鮮やかなコキアの絨毯と富士山もまた写真に収めたい絶景です!

まとめ

河口湖周辺のおすすめスポットについてご紹介しました。

秋は鮮やかに色づいた紅葉と富士山の絶景が撮れる最高のシーズンです。

特にライトアップ中は幻想的で圧巻の景色が広がります。

まさに日本の絶景と言える紅葉を、ぜひ撮影しに行ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です