日本随一の渓谷美「昇仙峡」のおすすめ紅葉撮影スポット4選

山梨県甲府市にある「昇仙峡(しょうせんきょう)」は、日本随一の渓谷美として人気のスポットです。

約4㎞にわたって続く渓谷には珍しい岩や数々の美しい滝があり、秋になるとそれらが紅葉で色鮮やかに彩られます。

今回は、まもなく紅葉の見頃を迎える「昇仙峡」のおすすめ撮影スポットについてまとめました!

「昇仙峡」の紅葉2018の見頃時期

JR甲府駅から車で20分足らずの場所にある昇仙峡は、国の特別名勝にも指定されている景観を誇ります。

そんな昇仙峡の紅葉、2018年の見頃は10月下旬~11月下旬

標高差があるため、1か月以上にわたってモミジやサクラ、ナナカマドの紅葉を楽しむことができるのも大きな魅力の一つです。

「昇仙峡」の紅葉おすすめ撮影スポット4選

約4㎞の遊歩道が整備された昇仙峡には数々の人気スポットが点在しています。

その中でも紅葉シーズンに特におすすめの撮影スポットをご紹介していきますね♪

「長潭橋(ながとろばし)」

昇仙峡の玄関口として親しまれている「長潭橋」は、大正14年に完成した歴史ある橋です。

アーチ橋を囲むカエデやドウダンツツジの紅葉。

まるで絵ハガキのような美しい1枚を撮ることができる、見逃せないスポットです!

「仙娥滝(せんがたき)」

近く変動によってできた「仙娥滝」は、日本の滝100選に選ばれた滝で、渓谷の中では一番の人気を誇るスポットです。

約30メートルの高さから、岩の間を三段になって流れ落ちる大迫力の滝と色鮮やかな紅葉のコントラストは圧巻!

滝部分に日が当たっていると、アングル次第では水しぶきによる虹を見ることができます。

正面より、やや右側が撮影のベストポジションです。

「もみじ回廊」

「仙娥滝」から下った場所にある「もみじ回廊」。

美しいもみじの撮影に特におすすめのスポットが、もみじのトンネルを潜っていった先にある東屋の休憩所です。

逆光で鮮やかに光る色とりどりのもみじはとても美しく、艶やかな景色をカメラに収めることができます。

「覚円峰(かくえんぼう)」

「昇仙峡」のシンボルとも言える「覚円峰」。

パンフレットやポスターなどにも使用されるスポットです。

白い岩肌と赤や黄色に紅葉した木々の見事なコントラストを望むことができます。

美しさと威厳に満ちた絶景を、広角レンズで切り取りたいですね♪

まとめ

今回は、日本一の渓谷美「昇仙峡」の紅葉撮影スポットについてご紹介しました。

渓谷と言ってもきちんと遊歩道が整備されていて、アクセスもしやすい場所なので比較的気軽に行けるおすすめのスポットです。

また、紅葉の見頃が1か月以上続くので、せっかく撮影しに行ったのに時期がずれていてがっかり…なんて可能性も低いですね!

数々の撮影スポットがある「昇仙峡」で、色鮮やかな紅葉と渓谷・滝の美しいコントラストを楽しんでください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です