神秘的な異世界への入り口!?SNSで話題の美しすぎるパワースポット「上色見熊野座神社」

アニメ「蛍火の杜へ」の舞台となった場所としても知られている「上色見熊野座神社」。

その美しく幻想的な雰囲気が“神秘的な異世界への入り口”のようだとSNSで話題になっています。

はたして「上色見熊野座神社」とはどんな場所なのか?

おすすめの撮影ポイントと共にご紹介します。

「上色見熊野座神社」とは?

熊本県阿蘇郡高森町にある「上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)」。

森林に囲また幻想的なパワースポットして有名ですが、もともとは商売繁盛や縁結びにご利益のある神社です。

人気が出るきっかけの一つとなったのが、アニメ映画「蛍火の杜へ」

この作品の舞台のモデルとなったことで、アニメファンをはじめとする多くの人々の関心を集めるようになりました。

あまりにも美しく神秘的な雰囲気はSNSでも話題になり、投稿される写真の多さからもその注目度の高さがうかがえます。

「上色見熊野座神社」の撮影ポイント

境内に一歩足を踏み入れると空気がガラッと変わり、異次元の世界のような神秘的な景色が広がります。

どこを切り取っても美しく幻想的な「上色見熊野座神社」の主な撮影ポイントをご紹介していきます。

石灯籠が並ぶ参道

神殿までの参道には100基近くの石灯籠が並んでいます。

直射日光が当たらない山中のため全体的に苔むしていて、美しく幻想的な風景を彩ります。

おすすめの撮影ポイントは、鳥居から階段を写す角度の構図です。

SNSを見ても多くの方がこの構図で撮影されています。

どこか知らない世界に繋がっていそうな、不思議な雰囲気の1枚を撮ることができますよ。

「穿戸岩(うげといわ)」

神殿の先をさらに進むと、大きな穴のあいた岩「穿戸岩」があります。

鬼八法師(きはちほうし)が蹴破ったという伝説がある岩で、どんなに困難な目標も達成可能であることの象徴とされています。

穴だけで縦横10m以上ある大きさで、全体を写真に収めるのが難しいほど。

人を一緒に写すことで、そのダイナミックさが伝わってくる写真を撮ることができます。

また、手前の階段から穿戸岩を見上げる構図で撮影するのもおすすめです。

階段の緑が絨毯のようで幻想的な1枚となります。

勾配のある道を進むのは少し大変に感じるかもしれませんが、ぜひ神殿だけでなく穿戸岩にも行ってみましょう。

狙って撮りたい「上色見熊野座神社」の撮影シーン

まるで異世界のような幻想的な写真を撮ることができる「上色見熊野座神社」ですが、天候や時期によっては違う表情を見せてくれます。

わざわざ狙って撮りに行きたくなるような撮影シーンについてご紹介します。

爽やかな写真を狙える“早朝”

 

「上色見熊野座神社」を撮影するおすすめの時間帯は早朝です。

差し込む光を上手に取り入れられると、うっそうとした森との対比がとても美しく、爽やかさも感じられる写真となります。

早い時間だと観光客もまだ少ないので、清々しい空気の中ゆっくり撮影を楽しむことができますね。

より神秘的な写真を狙える“雨”

雨が降った後など湿度が高い日に撮影すると、より神秘的な写真を狙うことができます。

うっすらと霧が立ち込めた境内は普段以上に幻想的で、少し不気味なほど。

境内に何か秘密が隠されていそうな不思議な雰囲気が漂う、おすすめの撮影シーンです。

雪に覆われた厳かな美しさを狙える“冬”

高森町は豪雪地帯というわけではありませんが、真冬には境内が雪に覆われることもあります。

苔むした緑の景色ももちろん良いですが、雪で覆われた真っ白な「上色見熊野座神社」も圧巻の美しさです。

この景色を狙えるのは1年の中でも限られた時期しかないので、タイミングを逃さずにチャレンジしましょう。

@まとめ

熊本県の阿蘇にある「上色見熊野座神社」についてご紹介しました。

異世界に繋がっていそうな幻想的で美しい景色。

SNSで話題になるのも納得ですね!

「上色見熊野座神社」でパワーをチャージしながら、不思議な撮影のひと時を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です