京都に古き良きイギリスの街並み!?人気の撮影スポット「ドゥリムトン村」を調査!

京都の山奥にある「ドゥリムトン村」。

そこには、まるでイギリスの田舎風景のように美しくノスタルジックな世界が広がっています。

撮影スポットとしても人気を集めているこの「ドゥリムトン村」とは、一体どんな場所なのか?

撮影ポイントと共にご紹介していきます。

「ドゥリムトン村」とは?

「ドゥリムトン村」は京都府亀岡市の山奥にひっそりとたたずむ小さな村です。

エントランスを抜けた先にあるのが、イギリス式のレストラン&ティールーム。

さらに村の奥には宿泊施設「B&B」、パブ、チャペルが揃っていて、いろいろなセレモニーに使用することができます。

(ただし、レストランから奥のエリアに関しては、宿泊やチャペル利用の方のみ立ち入り可能です。)

「ドゥリムトン村」の撮影ポイント

一見テーマパークのような「ドゥリムトン村」ですが、基本的にはレストランとして営業しています。

見学のみということはできず、飲食のオーダーは必須です。

レストランに加えて雑貨屋さんや宿泊施設などが併設しているというイメージですね。

そんな「ドゥリムトン村」の魅力的な撮影ポイントについてご紹介していきます。

レストラン&ティールーム「ポントオーク(PONT‐OAK)」

「ドゥリムトン村」のレストラン&ティールーム「ポントオーク」では、イギリスの代表的な料理のメニューが揃っています。

ミートパイやフィッシュ&チップスなど、イギリスの文化や雰囲気を感じながら食事を楽しむことができます。

また、レストランの利用でない場合はティータイムを取るのもおすすめです。

ヨーロッパ風のおしゃれな食器が使われていて、優雅でフォトジェニックな1枚をカメラに収めることができますよ♪

美しいイギリスの街並み

イギリスにいるような気分にさせてくれる街並みはとても美しく、引き込まれるような世界観です。

映画のセットのような風景にうっとりしてしまいます。

本当に細かいところまでつくり込まれているので、見逃さないようにあたりをよく見渡しながら撮影してみてください。

夜の「ドゥリムトン村」

平日は16時で閉まってしまいますが、土日祝日は20時まで営業しています。

暗くなってからの「ドゥリムトン村」もおすすめの撮影ポイントです。

村がおしゃれにライトアップされて、さらにノスタルジックな雰囲気が増します。

村をゆっくりと楽しんで、ぜひ夜の風景も楽しんでくださいね。

コテージ「B&B」

もっと「ドゥリムトン村」の雰囲気を味わいたいという方は、コテージ「B&B」に宿泊することもできます。

イギリスの建物を再現したツインルームのコテージが5棟。

コテージの中はアンティークの雑貨や猫足のバスタブなどで可愛らしく作り上げられており、異国の雰囲気を楽しめます。

また、朝食付きなので、ゆったりとした風景の中で洋風のブレックファーストを取ることができるのも大きな魅力です。

まとめ

京都の山奥にある「ドゥリムトン村」についてご紹介しました。

ひっそりとたたずむ小さな村ですが、その完成度はとても高く、イギリスのノスタルジックな雰囲気を存分に味わうことができます。

イギリスに行ったことがなくてもどこか懐かしく感じる場所です。

いつもの和風の京都とはまた違った撮影を楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です