11月に絶対撮りたい!写真撮影におすすめの被写体5選

すっかり秋も深まり、微かに冬のニオイも感じられる11月。

しっかりと防寒対策をして撮影を楽しみたいですね!

今回は11月に撮りたい被写体や撮影スポットについてまとめました。

11月に撮りたい被写体5選

紅葉

やっぱり秋といえば紅葉!

早い所ではすでに色づき始めていますが、全国的に多くのスポットで紅葉の見頃を迎えるのは11月です。

京都や奈良といった人気エリアの紅葉も色鮮やかに染まります。

散策や観光を楽しみながら、自分らしいベストショットを収めたいですね♪

雲海

寒暖差が大きく、放射冷却が起こりやすい11月は雲海のベストシーズンです。

今年の雲海写真をまだ撮れていないという方は今がチャンスですよ!

雲海が発生する条件はシビアなので、天気予報をしっかり確認して撮影に挑みましょう。

イルミネーション

クリスマスシーズンが近づき、11月からイルミネーションを行うスポットも数多くあります。

キラキラと輝く煌びやかな光景は、まさに夢のような世界。

一足早くクリスマス気分を味わっちゃいましょう♪

ブルーアワーの夜景

空気が澄んだ日が多くなり、空の色が綺麗に出る11月はブルーアワーの夜景を撮影するのにぴったりな季節です。

1月~2月あたりでも美しい写真は撮れますが、特に寒い時期なのであまりおすすめしません。

個人的には、まだ本格的な寒さになる前の今の方がベストシーズンです。

ブルーアワーの都市夜景なんかもいいですね。

オフィス街は休日だと灯りが少ないので、平日に撮影しに行くよう注意しましょう。

天気があまり良くない日がどうしても増えてしまう11月。

そこで、比較的撮りやすい被写体が滝です。

森林の中の滝は、少し天気が悪い方が幻想的な雰囲気になることもあります。

場所によっては周りの木々が色づいていて、紅葉と滝の美しいコラボレーションを写真に収めることもできますね。

まとめ

11月の写真撮影におすすめの被写体をご紹介しました。

やはりメインは紅葉の撮影になりそうですね。

まだ本格的な寒さがやってくる前で、散策や観光にもピッタリな季節です。

ぜひ、カメラを片手に秋のお出かけを楽しんでくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です